豊島園 庭の湯のサウナで贅沢に整える!都内近郊サウナ&銭湯レビュー

Pocket

こんにちは、自称サウナーのトミーです。

だんだん寒くなってきましたね。つまり・・サウナの季節ですよ!
サウナ&銭湯レビュー第二段。どこを取り上げるか悩みました。

そこで笹塚マルシンスパに続く僕のお気に入り、豊島園 庭の湯を紹介します!
行くぜー!レッツゴー!(テンションおかしい)

豊島園 庭の湯とは

としまえんはご存知ですよね?練馬にあるのに豊島園!なんて小学校の頃よく言ってたもんです。
あの頃は年間フリーパスである「木馬の会」の会員がスクールカーストの頂点に君臨していて

よく羨望の眼差しで彼らを見つめたものでした。
話がそれましたが、庭の湯はそのとしまえんの隣にある少々贅沢な温泉施設です。

こちら、温泉ゾーンの他に、水着で入れるバーデゾーンというものがあります。
バーデゾーンは日本庭園を眼前に、水着を着用してご利用いできるエリアで、
屋内にあるメインのバーデプールは、リラックスし楽しみながら健康になるというメディカルコンセプトのもと
アクアマッサージやアクアプログラムが開催され老若男女が日々集っています。
なかなかのお値段なのに行くたびに混んでるので結構驚きますよ。
また、バーデプールの中心にはパワーストーンであるらしい大きな水晶が置かれています。
何か独特の雰囲気を醸し出しています。

しかもこのバーデゾーン、屋外にはジャグジーやサウナ棟があるんです。
サウナーカップルにはぴったりですね!

庭の湯の魅力①

さて、バーデゾーンは置いておいて。
なぜ、サウナーの僕が庭の湯を推すのか!

その魅力を説明します!一つ目は、なんと言ってもサウナスペースです。
入場料も比較的高いからか(2310円)というのもあると思いますが、
なんと、サウナ用タオル(お尻に敷く用)が使い放題です。

サウナ→水風呂のセットを繰り返す人にはもちろん、
人の汗の上に座るのが苦手な方には非常にうれしいのではないでしょうか?
またサウナスペース自体がヒンヤリ温度管理をされていたり、
テルマリウムサウナという蒸気浴が楽しめる低温サウナが併設されていたり、
ストイックなサウナーのみならず、サウナや水風呂が苦手な方にも楽しめる施設です。

庭の湯の魅力②

庭の湯の魅力はサウナ以外のお風呂でも整えることができること。
地下1,445mから汲み上げた温泉には海と大地のミネラルが凝縮されているらしく、
入浴後は、温泉成分である塩分が肌の表面を包むように覆い、その膜が汗の蒸発を防いで体温を逃さないので、
保温効果が続き身体が温まるそうです。

また、特筆すべきはこちらの炭酸泉!かなり濃度を感じます!めちゃくちゃ温まります。
日焼け後のようにお湯に浸かっている部分だけ見事に赤くなるので面白いですよ。

僕はここに来たら、サウナだけでなく温泉から水風呂に入ったり、
炭酸泉から水風呂に入ったりしてます。(←ただの水風呂好き)

皆様もぜひお試しくださいね。

<Sponsored Link>

庭の湯の魅力③

3つ目の魅力、それは清潔感!

値段が高いからか、中学生以上しか入場できないのもあるのか
お客さんがみなさんマナーが良く、施設も綺麗に保たれていると感じます。
なんだかんだ風呂に来てるので、脱衣場やその他の館内が汚いのは気になりますよね。

庭の湯ではそんな心配は無用です。
値段が高い(←しつこい)ので、たまの贅沢としては持ってこいの施設です。

<Sponsored Link>

庭の湯の基本情報

【住所】〒176-0022 東京都練馬区向山3丁目25−1
庭の湯のアクセスマップはこちら
【営業時間】10:00~23:00(最終受付 22:00)
【料金】2,310円 (うち消費税160円、入湯税150円)/ナイトスパ(18時以降)1,295円 (うち消費税96円)

 

どうでしょうか。癒されたいけど温泉旅行に行くほど時間もお金もない。

そんな時に(そうじゃない時も)ぜひ行ってみてくださいね。

<Sponsored Link>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です